お知らせ・豆知識

Information

2021.03.21

豆知識

知らないと損する!外壁塗装に欠かせないコーキング

外壁塗装に欠かせないコーキング

家を建ててから数年経った時に、外壁の塗り直しを考えられる方が多く、リフォームの中でも外壁リフォームはとても人気です。外壁の塗料の種類や色合い、料金が気になるのはもちろんですが、それらと同じくらい大事なのが「コーキング(シーリング)」と呼ばれるものです。外壁リフォームを成功させるために、コーキングとはどんなものなのか、費用なども合わせてその重要性をご紹介します。

1.外壁塗装に欠かせないコーキングの役割

コーキングの役割

コーキングとは、シーリングとも呼ばれ、外壁材と外壁材の隙間やつなぎ目に充填するゴム状の防水材のことです。窓サッシの周りにも施工されており、建物の防水性や耐久性を保持するとても重要な役割を担っています。

ひび割れを防ぐ

外壁材は気温や湿度によって伸び縮みし、隙間がうまれるため、その隙間を埋める効果があります。また、地震の際の揺れなどの際に負荷がかかったりするとひび割れや破損を起こすことも。そんな場合にもコーキングしてあれば外壁材への負荷を軽減する緩衝材としても機能します。つまり、建物の資産価値を守る大切な役割を担っています。

防水性を維持する

外壁材のつなぎ目やサッシ周りにぴったりと密着して隙間を埋めることで、雨を家の中に浸水させることなく建物全体の防水性を長期的に高めます。つまり、住宅メンテナンスのコストを削減するためには欠かせない存在です。また雨漏りが起きている場合の応急処置にもなります。

美観

外壁の仕上げにおいて、コーキングで隙間を埋める方が、格段に見栄えが向上します。プロの技術なら外壁全体にも一体感が高まり、美しい外観を叶えることができます。

外壁材が注目され、見落としがちなコーキングですが、さまざまな重要性を持つことがわかります。

2.コーキングの寿命の見極め方法

コーキングの劣化

大切な役割があるコーキングつまり、コーキングが劣化してしまうと外壁や住宅自体の寿命が縮んでしまうことに。外壁がボロボロになれば、雨などから住宅を守ることができません。劣化した部分から雨漏りすると木材などを腐らせてしまう原因となり、その場合も修正には莫大な費用がかかってしまいます。

コーキングは外壁の中でも一番劣化しやすといわれており、メンテナンスの目安は築後5〜10年。実際にどんな状態がメンテナンスの時期なのか覚えておくと安心です。

・肉痩せ、ひび割れ

コーキングの弾力がなくなり、厚みや弾力がなくなることで緩和剤としての役割を果たせなくなります。さらに紫外線による劣化でひび割れが起こると雨漏りを起こす原因になりかねません。

・剥離

コーキングと外壁材が接する部分が剥がれたり、割れたりして隙間ができてしまっている状態です。原因は経年劣化のほか、施工不良の場合もあります。雨水が侵入し、雨漏りを起こす原因となります。

・破断

コーキングが劣化し、コーキングをしたさらに奥の中が見えてしまっている状態です。経年劣化、またはコーキング材の厚み不足が進行すると起こる場合があります。そこまで割れてしまっている場合は、早急にメンテナンスをしなければ家の内部まで傷める原因となります。

これらがコーキングの寿命を判断する代表的な症状です。場合によっては、家の土台にまで雨水が侵入し、住宅に重大な損害を与えかねません。見た目ですぐ判断できるため、定期的にご自宅のコーキング部分をチェックするようにすると安心です。また、見つけたら少しの不安店でも放置せず、すぐに修繕することをおすすめします。

3.コーキングの施工方法と費用相場

コーキングの費用

ここまで、コーキングの重要性をご紹介しましたが、実際に気になる部分を発見した際、修繕をしなければいけません。そんな場合どのような施工方法や費用の違いがあるのかを解説します。

主に外壁コーキングの修繕・補修には

・打ち増し

・打ち替え

という2つの方法があります。

 種類

コスト

耐久性

費用相場

 打ち増し

 費用が安い

 耐久性は高くない

 500~900/m

 打ち替え

 費用がかかる

 耐久性が上がる

 900~1,200/m

打ち増しは、既存のコーキングを剥がさず、上からコーキング材を充填する方法です。

既存のコーキングの状態が良い場合や、窓やドアのサッシ回りに対して行います。既存のコーキング材の撤去作業が必要ないため、費用は打ち替えよりも安くなります。しかし、古いコーキング材が下にあるため、すぐに剥がれてしまうこともあります。

打ち替えは、既存のコーキングをきれいに剥がしてから、新しいコーキングを打ち直す方法です。増し打ちより手間が掛かりますが、コーキングが新品になるので、その分耐久性も高くなります。

ここに足場代などの費用が必要となる場合もありますので、正確な工事価格を把握するためにもしっかり現場調査と見積もり依頼をしましょう。

4.コーキングを失敗しないために気をつけたいこと

コーキングのポイント

外壁のコーキングを修繕する場合、注意したい点があります。

|DIYは危険

費用を限りなく抑えるために、少しだけの修繕・補修なら自分でやりたいという方もいらっしゃいますが、できれば DIYはおすすめできません。コーキングは国家資格があるほど専門性が高い技術を要します。脚立や梯子を使った作業は不安定なので安全面で不安もあります。また、数年後に外壁リフォームを行うことになった場合、どんなコーキング材を使ったかによって利用できると量が制限されたり、DIYしたコーキングを撤去するという費用がかかるリスクも。

|外壁リフォームと一緒に行うのがおすすめ

高所の場合、コーキング修繕も足場を組みますが、外壁リフォームと一緒であれば足場代が1回で済みます。また、塗装と一緒に行うことで、コーキングの耐久性が上がるため、家全体のメンテナンスになります。コーキングの劣化が気になった場合は、外壁塗装のリフォームやメンテナンスと一緒に工事をすることも検討しましょう。

いかがでしたか?

意外と見落としがちなコーキング材ですが、コーキング材が劣化すると様々な弊害が起こる恐れがあるため、早急に劣化部分を発見するためにも定期的な点検をして劣化部分が少ないうちにメンテナンスをするのがおすすめです。

失敗しないリフォーム、コーキングならONAリフォーム
コーキングの修繕や外壁リフォームの費用など、どんなことでもONAリフォームにお気軽にご相談ください。
https://ona-reform.co.jp/

一覧に戻る

Relate Posts

Contact

お見積り、プラン提案、ご相談、現地調査依頼を無料で承ります!
お電話、またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。